レーシックについて

子供の視力回復のテーマとは少し外れますが、レーシックについて簡単に説明をしていきたいと思います。レーシックはアメリカで盛んにおこなわれており、日本でも急速に需要が高くなっています。このレーシックは特別な機械を使って、目にレーザーを当てて角膜の一部分を削り取ることで視力を回復させるという手術です。
レーシックに関しては、いろいろなところで手術が受けられるようになってきました。レーシックがあまり知られてなかった時期には、悪徳クリニックが随分と多かったと聞いていますが、今では信頼されているクリニックしか生き残っていないようです。
レーシックは角膜の一部を削り取って視力回復させるという手術ですが、今まで失明などの問題は発生していないようです。視力の回復度合いが鈍かったり、目に異物感があるなどのことは今まであったようですが、それも日数が経てば改善してくるとのことですので、レーシックの手術経験豊富な医師がいて、最新機器があるところでは問題なく出来ると思います。
子供の視力回復にレーシックが使えないのはとても残念なことだと思います。しかし子供の場合はレーシック手術などという方法を使わなくても、視力回復トレーニングをすることで視力回復できた事例は多くあります。子供にメガネやコンタクトレンズ生活をずっとさせないように、親としてきちんと責任を果たしてほしいと思います。

トップ > レーシック > レーシックについて

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。